徐脈性不整脈について


監修:埼玉医科大学 循環器内科 教授 松本万夫先生

自律神経の異常な興奮や、虚血性心疾患などの病気で心臓の電気的系統に異常が生じ、脈が乱れるのが「不整脈」です。不整脈は、「徐脈性不整脈」と「頻脈性不整脈」の二つに大きく分かれます。徐脈性不整脈(以下、徐脈)は、脈が遅くなる不整脈です。徐脈になると、安静時や軽い労作でも、めまいや息切れを起こすことがあります。ペースメーカは、心筋に電気刺激を与えることで脈を調整し、平常の脈拍数に戻します。

 

徐脈とは?

徐脈は脈が遅くなる不整脈で、通常1分間の脈拍が60回未満になることを言います。脈拍が少ないため、心臓は日常生活や運動に必要な酸素を体中に行き渡らせることができません。このため、めまいや息切れを起こすのです。

 

原因

一般的な徐脈の原因には、以下のようなものがあります。

  • 遺伝性心異常
  • 何らかの疾患または心疾患に対する薬物治療の影響または副作用
  • 自然な老化現象
  • 心臓発作(心筋梗塞)による組織変化(瘢痕組織)によるもの
  • 洞不全症候群

心臓にもともと備わっている洞結節という部位の機能が正常に機能しなくなった状態を洞機能不全と言います。

  • 洞房ブロックまたは房室ブロック

心臓の中の電気刺激の伝導が障害されているとき「ブロック」と呼びます。洞結節と心房の間の伝導障害を洞房ブロック、心房と心室の間の伝導障害を房室ブロックと言います。

 

症状

徐脈の症状には、めまい、失神、過度の疲労感、息切れなどがあります。

 

発症しやすい人は?

以下に当てはまる場合、徐脈を発症するリスクが高くなります。

  • 何らか心疾患を持っている
  • 脈拍に影響する何らかの薬を服用している
  • 65歳以上である(高齢である)
  • 心臓の手術を受けたことがある

 

診断

徐脈かどうか、また病状がどの程度進行しているかは、医師に診断してもらいましょう。徐脈の診断を行うために、症状に応じて、次のような検査を実施する場合があります。

  • 心電図検査(ECG)
  • 運動負荷心電図検査(ストレステスト)
  • ホルターモニター(24~72時間ECG)
  • チルトテーブル検査
  • 電気生理(EP)検査

原因不明の失神発作を詳しく検査するために、モニタリング用の医療機器が使用される場合もあります。これらの医療機器には、以下のものがあります。

  • 長時間心電用データレコーダ(ホルター心電図)
  • 植込み型心電用データレコーダ

本サイトの内容は、医師の診察に代わるものではありません。病状や治療に関しては、必ず主治医の診断を受けてください。

Last updated: 20 Jun 2013

Section Navigation

Japan